The 2nd event.

We held the 2nd event.

■ Participants This time, 13 people from 7 countries around the world, Asia, the Middle East, Europe, and the United States participated.

■ Session method Feedback from everyone in the 1st event is, Presenter: When I give a presentation in a virtual world, I can't see the reaction because the audiences are avatars. I'm a little relieved if you ask me any reaction or question. Audience: The session time is limited, so it feels bad to ask questions during the presentation. You can also make a reaction by voice, but that voice may get in the way of your surroundings. I heard such opinions. It's a different issue from the real world and video meetings. So, this time I made a rule like this. -The session is basically 30 minutes. -If all participants have no problem, it can be extended up to 45 minutes. -The presenter prepares a simple presentation of about 5 to 10 minutes. -The goal is to extend the presentation to 30 minutes by asking questions and interrupting the talk during the presentation. And the topic can be derived and changed.

■ Results -Because there may be some skill of the presenter, participants tended to talk until the last 45 minutes in each session. There were fewer scenes where the session finished in 30 mins. -As an opinion came out, it is okay to interrupt the presentation of the presenter, but audiences did not feel like listening to the presentation until the end. Anyway, I think it's better to listen to the presentation to the end at the beginning. There was an opinion. Well that's right. The rules may have backfired. -This time, there was a presentation about an Italian restaurant. This topic is easy to get warm. Because meals and dishes are common throughout the world.

■ Hypothesis -Presentation is just an icebreaker story, and even if it is a specific topic, people can continue talking for about 30 to 45 minutes. *Condition: Talking in a group, not one-on-one. At least one of them is good at talking. - Anyone can talk about topics that are common to the world, such as cooking material, but I think we can't continue talking about specific fields. However, if you focus on personal episodes, the story may be exciting.

■ Future plans Next time, I would like to try different topics and different methods based on the experimental results and hypotheses so far. Next time: We are planning on December 19th. We are looking forward to your participation as there is still space available. We are planning to hold events from January next year as well. We will send you information, so please join the group!


先日、2回目のイベントを開催いたしました。

■参加者 今回は世界7カ国、アジア、中東、ヨーロッパ、アメリカから、13名の方々にご参加いただきました。

■セッションの手法 前回のセッションで皆様からフィードバックを頂き気がついたことがあります。 プレゼンター:仮想世界でプレゼンテーションをやると、聴衆がアバターなのでリアクションが見えない。何かリアクションや質問をしてもらえるとちょっと安心なんだけど。 聴衆:セッションの時間は限られているので、プレゼンの途中で質問をするのは悪い気がする。また、相槌や、リアクションを声で出すこともできるが、その声が周りの邪魔になってしまうのでは? というような意見を頂きました。 現実世界や、テレビ電話とは違った課題ですね。 で、今回はこのようなルールを作りました。 ・セッションは基本的に30分間とする。 ・参加者全員が問題なければ45分まで延長してもよい。 ・プレゼンターは、5分~10分程度の簡単なプレゼンを用意している。 ・参加者全員が、プレゼント中で質問をしたり、話を割り込んだりして、とにかくプレゼンテーションを30分まで延ばすことを目標とする。話題を派生させて変えても良い。

■結果 ・プレゼンターの技量もあるかもしれませんが、どのセッションも45分間ぎりぎりまで参加者はお話をする傾向がありました。30分で話が終わってしまったので、解散!という場面の方が少なかったわけです。 ・出てきた意見としては、プレゼンターの話を遮ってもよいが、話を元に戻していかないと、結局プレゼンは最後まで聞いた感じにはならない。とにかく初めはいっかいプレゼンを最後まで聞いたほうがいいんじゃないか。という意見がありました。まあそりゃそうですね。 ルールが裏目に出てしまったかもしれません。 ・今回はイタリアのレストランについてのプレゼンがあった。食事や料理というのは全世界共通なのでいいのではないかと。

■仮説 ・プレゼンテーションというのは、あくまでアイスブレイクのネタであり、ある特定の話題であっても、人々は30分~45分くらいは余裕で話を続けられるものである。 ※前提:1対1ではなく、グループで話している事。そのうち最低1人がおしゃべり好きが入っている。 ・料理ネタなど、世界共通の話題であれば誰でも話はできるが、特定の分野については話が続かないのでは。しかしながら、個人エピソードにフォーカスをすると、話は盛り上がるのでは。

■今後のの予定 次回は今までの実験結果や仮説を前提に、トピックの内容や、違ったやり方を試してみたいと思います 次回:12月19日に予定をしております。 まだ空きがございますので、ぜひご参加をお待ちしています。 来年1月以降も随時イベントをやっていく予定です。 案内をお送りしますので、是非グループへのご参加を。




21 views0 comments

Recent Posts

See All